大阪府のカラーコンサルタント、カラースクール、資格講座なら株式会社 ル・ビジュー

お客様の笑顔を増やす"色使い"教えます!!色彩戦略家池田早苗の「稼げる色®カセゲルイロガク(

ホーム ≫ 色彩心理ってなあに? ≫

 色彩心理ってなあに?

色彩心理とは

1364282454
色は本当に不思議なもので、私たちの心にとても影響力を持っています。
例えば、あなたにとって一番わくわく、ドキドキするのはどれでしょうか?
 
 
1390286467_13
ウィンドショッピングで好きな洋服に出会う
お気に入りの洋服が見つかると、はじめてのお店でも入りやすかったりしたことはないですか?
デパ地下で美味しそうなケーキを選ぶ!
甘いものは別腹!沢山の種類から好きなケーキを見たり、選んだり、食欲がわいたり、幸せな気分になったことはありませんか?
好きな人へのプレゼントを選ぶ!
彼が普段着ている洋服の色や彼が好きな色を思い出し、夢中に選んだことはありませんか?
インテリアを楽しむ!
好きなコーヒーカップでティータイムを楽しんだり、好きなお花を飾ったり、ちょっとした贅沢な時間を過ごすだけでリラックスできたりしませんか?

これらには、わたしたちを幸せな気持ちにさせてくれる色彩効果があるのです!
 

私たちは、知らず知らずのうちに、色でいろいろなモノを判断しています

食材を選ぶにしても、賞味期限の前にまずは、新鮮であるかどうか「色」をみませんか?
家族や大切な方の体の調子や様子が悪いかどうか「顔色」を見ませんか?
美味しそうとかマズそうとか食べる前に見た目で判断しませんか?
重たそうとか、軽そうとか、色で判断したり、派手とか地味とか色で決めたりetc…

このように、色彩が私たちの心や生活において、無意識に色の情報が役立っていることが沢山あるのです。
その影響力が「色彩心理」なのです。
 

こんなことにも使われている色彩心理

1363842040
1363841096
碁石は黒よりも白のほうが少し小さくつくられています。
黒と白を同じ大きさに揃えると、白のほうが大きく見えてしまうからです。色には膨張色と収縮色があり、そのため、同じ大きさに見えるように視覚的な調整がされています。
1363842128
1363842222
色には人間の生理や感情に及ぼす力があります。赤・オレンジ・黄色を見ると、火や太陽を連想するので心理的に温かさを感じ、体が温まり体感温度も上昇します。反対に青・青緑・青紫は水や海などを連想するため、心理的に体が寒く感じ体感温度が下がります。

色をもっと知りたい学びたい方はこちら
色で悩みを解決させたい方はこちら
女性心理・女性が好む色使いを知りたい方はこちら

 

お問い合わせはこちら