大阪府のカラーコンサルタント、カラースクール、資格講座なら株式会社 ル・ビジュー

お客様の笑顔を増やす"色使い"教えます!!色彩戦略家 池田早苗の「稼げる色学®」

トップバナー カラーコンサルティング・パーソナルカラー診断

ホームブログ ≫ 薬膳料理と色には意外な共通点がある ≫

薬膳料理と色には意外な共通点がある

薬膳料理の甘味料には白砂糖ではなくブラウンの甜菜糖(てんさいとう)を使用するそうです。

甜菜糖

その理由が白砂糖はカラダを冷やし、甜菜糖(てんさいとう)はカラダを温めてくれる効果があるから。

色彩においても白は冷たさを感じる寒色、甜菜糖(てんさいとう)のブラウンは暖かみを感じる暖色に分類されます。

薬膳は難しいと思っていましたが、色彩効果と共通点が見つかれば、普段の料理を白砂糖から暖かみを感じる甜菜糖(てんさいとう)に変えるだけで、カダラが喜ぶ薬膳料理をいただけるので「作ってみよう!」と挑戦したくなりますね。

ちょっとした色の使い方でカラダが温まることは、冷え症の私にはとても嬉しい情報です。

色彩戦略家 
池 田 早 苗


お問い合わせ
 
2020年06月17日 07:00